車下取り キャンペーン|比較サイトを活用した場合

長い期間乗ってきましたクルマを、車検のまえに思い切って売ることになりました。なんとなくですが、別の車を運転してみたいそんな思いが沸きあがってきたからです。今までに比べて、最近の流行は低燃費車ですからガソリン代も食いません。できるだけ車を高く売りたい、そういった思いが艶かったので、評判の良い買い取り専門業者を探していました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、その査定額に満足しているみたいです。これまでならば、クルマの買い取り専門店1社に出向き、査定見積もりしてもらうというのが当たり前でした。しかしそうしてしまうと、算出された査定金額というものが適正なのかどうか、素人には判断しようがありません。比較サイトを活用した場合、厳選された買い取り業者の中でも最も高額の査定業者にクルマの売却をお願いできるというメリットがあります。それを知った私は、車種や年式や色などを入力して一括査定をお願いしたところ、思わず目が飛び出してしまうような高額査定だったので、ただただビックリです。直ぐに連絡を入れ交渉したところ、ネット査定額とほぼ同じくらいで売ることができました。比較サイトを活用していなかったら、そう考えただけでも背筋がゾッとしてしまいます。こういった感じで、思ってもみなかったような高値で買い取りしてもらえたので満足です。いきなり車の売却というと、不安感を持つ方もおられると思いますので、まずは世間相場を調べてみるような気持ちでやってみてはいかがでしょうか。

車下取り キャンペーン|過走行車扱いにはなるはずも無く

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.