車下取り リサイクル料金|始めに来た業者は

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車下取り リサイクル料金|日本人特有の物を大事に扱うといったことも

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で売ることができました。相場よりも高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そこの情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、売れている自動車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。日本人の私は、日本の車は世界一と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。外国なのかもしれませんが、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.