車下取り 消費税 簡易課税|もしも下取りだったら

今使っている車を売却することになりました。私は車を買い替える時はディーラーに下取りをしてもらえばよいと思い込んでいたのですが、ネットを活用する方法もあるのだという事を聞きました。それが車買い取りでした。

初めてやることですから、どうしたらよいのかわかりません。インターネットで一つ一つ調べながら、やっていきました。まずは人気のありそうな複数の業者に申し込めるサイトを見つけだすために、それを調べて、査定申し込みをしました。その概算査定結果を見て、どこで買い取ってもらうかを家族で相談したのも覚えています。

何度か両親がクルマを乗り換えている様子は見ていたからもあり、どれくらいの交渉の後で売却していたのかは判っていたと思います。私が使用していたクルマの年式やクルマの状況や状態から、それほどは高く買い取りすることもないと考えていましたが、予測は外されました。思っているよりも遥かに査定額となっていたからです。もしも下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その下取り額は、買い取り業者の下の方と大体同じ位でした。とはいえそれ以上の査定で買ってくれる業者もいましたので、迷わず買い取り専門店に買い取りを依頼しました。

初めての経験でしたが、一つずつ進めて行けば、簡単に手続きなどを済ませられました。高額で買い取ってもらうことができた関係で、車を買い替える時の出費も減ったのでやってみよう行動して良かったです。

車下取り 消費税 簡易課税|それでも44万減った事実に

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で売却することにしました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、せいぜい20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

この状態で持っていくと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような感じではありませんでした。ですので、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。本当に売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.