車下取り 減価償却|3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと

新型の登場とともに、所有している自動車を売却しようと考えていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになるところでした。

それまで下取りしか利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門業者に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、30万円~76万円まで金額がバラバラでした。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。査定から売却手続きまでは1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を出してきました。ネットでは68万円という金額だったのですが、5万以上高い業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

驚くほどキレイになりました

前に乗っていた車は、ボンネットがなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってボロボロの中古車に見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すような商品がありました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。母親から新しく車を買ったのかと言われた程です。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。年数も経っている車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、思ったよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても問題なかった様子でした。白く感じたボンネットも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもつややかにする事ができたのが何よりよかったです。車買い取りを利用する時は、車を掃除するなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスで磨いておくだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定見積もり額のアップと艶出しの為のグッズ代と手間を計算してみて、お得そうだったらきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

車検を1回と1年だから|車売る へこみ

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人にはこの車の相場がまったく判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

減らしてしまったということになります

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。しかしその後、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取りショップに査定を依頼したところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年50万程度も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらえました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.