車下取り 高値|差を見てみたところ

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万くらい安くなっていました。

今まで買い取り業者とかは利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額の違いに驚きました。結局ディーラーへの下取りはやらないことにして、買い取り専門店に売却しました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考的なものであり詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、概算査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る金額でしたが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

車下取り 高値|出来たのが良かったようです

前に使っていた自動車は、ボンネットがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に見えてしまうのです。一応洗車をして査定に持って行った所、ボディの一部の色が査定額に影響すると聞きました。

ショップに行ってボンネットの白色を戻せるものはないかなと探していたら、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。親父からはいくらかかったと言わせるほどです。

再び買い取りのための無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、想像以上に高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白っぽく感じた色も周りに同化できているし、それまでよりもピカピカにすることが出来たのが良かったようです。車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定見積もり額にも影響あると思います。査定金額のアップとつややかにするためのアイテムの費用とを良く比較してみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.