車売却 リサイクル料|複数業者の査定では

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

しかし、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売却するはめになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

車売却 リサイクル料|親がクルマを買ってくれました

就職先も決定したおかげで、親がクルマを買ってくれました。仕事に行くようになってからは、このクルマに乗って通勤しておりました。その後本社へ転勤となったので、クルマの処置をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

地方であれば車は、必須アイテムです。ですが交通もが優れている都心部においては、車が無くてもさして日常生活に支障とはなりません。車を所有すると駐車料金や維持管理費を考えた場合、経費的にも負担が大きくなるので思い切って売却することに決めました。

職場近くにある、大手買い取り業者さんのショップがあったのでそこを訪れ、そのまま査定してもらったのです。予想を大幅に下回る金額を聞かされ、ショックのあまり返答を留保し一旦帰宅した上で、もっと高く買ってくれるところがないかを調べました。するとネットで査定サイトがあるようなので、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などを入力していくと、いくつかの買い取り業者が概算の見積もりを教えてくれます。一括査定出来るので、簡単ですし手間も大きく省けるので便利です。そうして出た結果、一番高値をつけてくれた買い取り店があったので、そこへ売却する事にしました。

ネットで査定してもらって売れた金額は大きかったので、ネットの一括査定サイトを使ってホント良かったです。親切な業者さんでもあって、思っていた以上の高額で買い取って頂きました。自動車を売る場合があれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.