車売却 ローン残金|比較した査定をすることで

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。ですが、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。単純計算では、半年間で約50万も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売却するはめになったかもと思うと助かります。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

車売却 ローン残金|新車で買ったので

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.