車売却 廃車|クルマの買い取り店と比べると

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になっています。今までは下取りしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。結局ディーラーへの下取りはやらないことにして、車買い取り業者に売ることになりました。

クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトには少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、はっきりした査定額が判ります。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定をお願いしました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してきました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

車売却 廃車|その予測に反した通りで

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。ただそれは海外に向けての話のようでした。今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや次の運転手を妄想する楽しさもあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.