車売却 残金|なんだか切ない気分にもなり

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には今の車の相場がまったく判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却 残金|よく見かける車や

珍しい車を買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、ある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。豊かな日本において、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.