車売却 減価償却 仕訳|コストを減らそうというのが

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人にはこの車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却 減価償却 仕訳|前回よりはるかに高額になりました

前に乗っていたのは、ボンネットの一部分が薄白く見えていました。濃い色のボディの車だったのですが、白い部分が妙に目だちボロボロの中古車に見えてしまいます。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットのところの色が見積もり査定額に影響があるようです。カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディの艶を出すような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、艶が出ていい感じになりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、これまでよりもそれ以上に綺麗にすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すための手間などを良く比較してみて、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.