車売却 簡易課税|業者を追い抜き最高額の見積もりを

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になるところでした。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、このサイトには3社程度は無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを出してくれました。ネットでは68万円という金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

車売却 簡易課税|ハナから言っておくべきだと

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売ってしまうことになりました。家の近くの車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で手放すことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.