車売却 自賠責 返金|出張査定の時間は

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、買い取り業者と比べると15万くらい安くなるところでした。

それまで下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売ることになりました。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を出してきました。サイト内では70万を下回る金額でしたが、76万円の業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

それからしばらくして

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には今の車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

比べると差がわかると書いてありました|車売る 戸籍謄本

先日初めてクルマの買い取り査定サイトを使って、10社で査定比較をしてみました。いつもは馴染みの業者にお願いしているので、高めに買ってくれていると決め付けていました。

でも実際に数社と査定してわかったのですが、いつもお願いしているところは高くはありませんでした。これよりも高く引き取ってくれるお店はないと聞いていたので意外なものでした。今までは相場で売却できればバッチリと思っていましたが、そうでもなかったことを知りました。先日売却したクルマの相場は約50万だったのですが、複数の業者で査定をしたところその中で一番の高値が70万円を提示してくれました。相場で売れれば問題ないと思っていましたが、相場程度ということは高くも安くもない額ということです。

見積もり比較をして最高額となった業者は70万で、第二位の業者は68万という額でした。3番目は57万と、かなりの差となりましたので、第一位と二位の業者に出張見積もりを依頼することにしたのです。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、複数の業者に競わせないと足元を見られると思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低2社は呼んで比べると差がわかると書いてありました。そしていざ出張査定を依頼すると、70万と出していた買い取り業者は62万が良いところと言ってきました。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万円も下げられたのでびっくりです。でも2番目の業者は、そのままの額でOKと言ってきました。当初は保険のつもりだった業者が最高金額となったので、その買い取り業者に売りました。

査定してもらいました

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。しかし、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。まずは近隣の車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。単純に計算すると、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売ることになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。ですので、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.