車売却 雑所得|買い替え時にディーラーで

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていたのです。それまで下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはやらないことにして、買い取り専門店に売却する話となりました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてあったと思います。3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリと判るからですね。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

出張査定の時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定してもらいました。査定見積もりの結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を提示してくれました。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

車売却 雑所得|査定してもらったのです

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。単純計算では、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く手放すことになったかもと思うと助かります。

この状態で持っていくつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そのため、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。本当に売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.