車買取 キャンディ|時間を区切って査定に来てもらいました

私の住んでいる地域はかなりの田舎で、中古車の買い取り専門で行っている業者はありません。引き取りしてくれるのは、自動車ディーラーかガススタンドくらいです。

5年くらい乗っていた車を売却した時ですが、急いでいたこともあり地元で見積もり査定をしてもらいました。その査定結果ですが、丁寧に扱ってきた車でしたが30万円という査定に悲しくなりました。

ということもあり、ネットを使って査定サイトで算定してもらったところ、想像以上の高額で買い取ってもらえました。一括査定依頼で出張査定してもらうことになったのが、すべてが広告やテレビなどで有名な中古車買い取りの業者さんでした。私もそうは休めないので、時間を区切って査定に来てもらいました。

午後に来てくれた方は気持ちの良い人で、この車種でこのボディカラーを求めている人がいるので査定も頑張りますとおっしゃいました。買い取り価格も40万円と10万の差もあって、その方に売却しようと即決しました。その方は買う気マンマンだったらしく、輸送用のクルマのを手配して来ていたようでそのまま持っていかれました。

遠くだと手間がかかると思い込んでいましたが、地元の業者よりも断然楽でした。メリットとしては、面倒な手続きはみんなやってもらうことができ、その上売却価格も10万円アップし、ネットの査定依頼をやってみてとてもラッキーでした。

ボンネットのところの色が

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロボロな車に見えてしまいます。洗車をしてから査定をやってもらうと、ボンネットのところの色が査定額に影響があるようです。

カーショップのようなところに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から買い替えたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く評価が出てよかったです。気にしていたあの部分も問題なかった様子でした。白っぽかったあの部分も元々の色に戻す事が出来、それまでよりもつややかにする事ができたのが嬉しかったです。

クルマを売る前には、できるだけボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定価格の上昇とピカピカにするためのアイテムの費用とを考えてみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、数万円の差が出るならいいですよね。

初めは一番高い額の買い取り業者に|

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。結局ディーラーへの下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。初めは一番高い額の買い取り業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトには2-3社には無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。3社に見積もりを出す理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからだと思います。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。査定の時間は1時間程度と言われたので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高額の見積もりを出してくれました。サイト内では70万を下回る金額でしたが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

売るつもりならば

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。まずは近隣の自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も失ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円で買い取っていただきました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く準備をしていなかったようです。そのため、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.