車買取 キャンペーン|2社に絞ってお願いし

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には乗っている車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

どう出るかと思いましたが

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に感じてしまいます。洗車をしてから査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定金額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんにはプロにやってもらったのかと言わせるほどです。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、前回よりはるかに高額になりました。年数も経っている車なのでどう出るかと思いましたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、より一層艶やかな感じにすることが出来ました。クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを考えてみて、得な気がしたらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の差が出るならいいですよね。

8万の差は驚きです|車下取り 比較

先日初めてネットの車買い取りサイトを使って、10社と比較検討してみました。これまでは馴染みの買い取り業者にお願いしているので、高めに買ってくれていると思い込んでいました。

実際のところは数社と査定してわかったのですが、いつもの業者は相場程度だったんです。これよりも高く買い取れるところはないと話されていたのですが。相場より高値で売れれば正解と思っていましたが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売却したクルマの相場は約50万だったのですが、複数の業者で査定をしたところ一番高額な査定額はなんと70万円を提示してくれたのです。相場で売れたら問題ないと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは可もなく不可もなくということです。

一括査定をして最高額は70万円であり、第二位の業者は68万円という僅差でした。次の3位は57万円と、上位2社とは差があったので、上位の二社に出張見積もりをお願いしました。概算で1番の業者にそのまま売却しなかった理由は、出張でも比較しないと足元を見られると思ったからです。一括査定サイトでも、最低2社は呼んで比べると差がわかると書いてありました。

実際に出張査定してもらいましたが、概算で70万と言っていた業者が62万円と言われました。手入れが悪いとの理由でしたが、8万の差は驚きです。そして68万円を提示してくれた業者は、68万でいいよと言ってくれたのです。当初は保険のつもりだった業者が一番高値を付けてくれたので、その業者に引き取ってもらいました。

そこで良い中古車はないかと

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放すことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年50万程度も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ることになっていたかもと思えば助かりました。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.