車買取 ジャンプ|見積もり額を提示されました

これまで乗っていたクルマを買い替えようと思いました。車を買い替えるときにはクルマのディーラーに下取りをしてもらうしかないと思い込んでいたのですが、実際にはそれ以外の方法もあることをこのとき知りました。それが買い取り専門業者でした。初めてのことですから、どうすれば良いかが分かりません。ネットで検索しながら、手続き方法を見つけました。まずは評判の良さそうな一括で査定が依頼できるサイトを決めることにし、それを調べ、そこで一括査定を申し込みました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを決めることになりました。

これまで親父がクルマを乗り換えている様子は知っているので、大体どれくらいの金額で売っていたのかは判っていたと思います。私が使っていた車のメンテやボディの状態を考慮しても、実はそれほど高く見積もりしてくれるワケないと考えていましたが、実際は良い意味で期待外れでした。予想以上の見積もり額を提示されました。

そこで試しに下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーさんで伺ってきました。その結果としては、車買い取り業者の2社と大体同じ位でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれる業者もいましたので、その買い取り専門店にお願いしたのです。

初めての経験でしたが、順を追ってやっテイクだけで、手続きなどは簡単にやることができました。比較したので高く買ってもらう事ができた関係で、次の車に買い替えるときの費用も抑えることができましたし私としてはやってよかったと思っています。

ネットの車買い取りサイトを使って

今までしたことはありませんでしたがネットの車買い取りサイトを使って、10社で査定比較をしてみました。いつもは近所の業者にお願いしているので、それなりの値段でやってくれていると思っていました。

しかし今回いくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつも売却している業者は高くはありませんでした。そこよりも高い値段で引き取ってくれるお店はないと話されていたのですが。相場より高値で売れればバッチリと思っていましたが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売った車なのですが相場は52万でしたが、査定を複数取ってみたところ一番高額な業者は70万円を提示してくれたのです。相場で売れたら満足だと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは可もなく不可もなくということです。

複数の査定をして最高額となった業者は70万で、2位の業者は68万円でした。続いて三位は57万円と、上位2社とは差があったので、上位の二社に出張査定見積もりを依頼することにしたのです。一番の業者にそのまま売却しなかった理由は、競合他社がいないと足元を見られると思ったからです。一括見積りサイトにも、複数業者に出張を依頼して比較しないとダメと書いてありました。

出張して見積もってもらったら、概算で70万と言っていた業者が62万程度の査定額になりました。凹みが目立つとの理由でしたが、8万も差があるのですね。でも68万と提示していたところは、そのままの金額でいいと言ってきました。概算では2位だった業者が一番高値を付けてくれたので、その業者に売却したのです。

使ってもらえるのはいいですね|車売る 一括査定

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で売ることができました。考えていた以上でかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると海外で活躍するのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

なりそうでしたそれまで下取りしか

新型の発売に合わせて、今のクルマを乗換のため売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になりそうでした。

それまで下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売ることになりました。クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、このサイトには複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからです。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.