車買取 ジール 評判|目的ともいえますので

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費節減をするというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車買取 ジール 評判|そう思うだけで恐ろしくなりました

長い期間乗ってきましたクルマを、車検が来る前に手放すことになりました。マンネリ化もあって、新車の匂いが懐かしいといった思いがしてきたからです。

今までに比べて、低燃費の車種が多くなってきておりガソリン代も食いません。売る車は高額で引き取って欲しい、心でそう考えていたものですから、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、売却した額に満足している事に気がついたのです。

これまでならば、車買い取り業者一社に絞り、査定見積もりしてもらうというのが当たり前でした。でもそうなると、算出された査定金額というものが世間相場と比較してどうなのか、車業界にいない私には判断できません。比較できるサイトを使っていけば、厳選された業者のなかから最も高い金額をつけてくれた業者に買い取りの依頼ができるといった効果があるのです。

さっそく私たちも、車種やグレードなど必要事項を入力して査定をお願いしたところ、愕然とするような高い金額の査定となっていたので、ビックリするしかありません。すぐに業者に連絡して粘り強く交渉したところ、ネット査定額とほとんど同じで買い取ってもらえました。ネットで査定をしていなければ、そう思うだけで恐ろしくなりました。

こういった感じで、思いもよらぬ高額で引き取ってもらったので最高です。いきなり車の売却というと、抵抗感がある方も多くいると思われますので、まずは気軽に相場を調べるところからやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.