車買取 京都 ガリバー|目安でしかなく詳細は実車しだいです

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になっていました。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて査定比較サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。こういった現実を知った以上下取りは止めることにして、車買い取り業者に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。査定見積もりの結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高額の金額を出してきました。サイト内では70万を下回る価格でしたが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

車買取 京都 ガリバー|それでも44万減った事実に

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。私は半年前にその車を約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。その為、後日来てくれた際には輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.