車買取 持ち込み|見積もりをしてもらいました

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車買取 持ち込み|やっている業者がないのです

私の住んでいる地域はかなりの田舎で、自動車の買い取りだけをやっている業者がないのです。買い取りできるのでは、自動車ディーラーかガススタンドくらいです。5年くらい乗っていた車を売ってしまったときは、急いでいたこともあり地元で査定見積もりしてもらいました。その査定をしてもらった結果は、丁寧に扱ってきた車でしたが30万少々という査定額に愕然としました。

ということもあり、ネットで見た中古車の査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、思わぬ高値で買い取ってもらえました。一括査定依頼で来てもらうことになった2社は、どこもテレビなどで名の売れた自動車買い取り店でした。所用があったため、午前と午後に分けて査定に来てもらうことにしました。午後に来てくれた方は丁寧な応対ができる方で、この車種のこの色を欲しい人がいるので査定額も勉強しますと言ってくれたのです。気になる査定額は40万円と10万上げてくれたので、そのスタッフさんに売ろうと即決しました。その業者のスタッフは買って帰る気があったのか、大きな輸送用の車でやってきていたのでそのまま引き取っていかれました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、近場で済ますよりも手間がかかりません。それに、めんどくさいと思う手続きも準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットの査定依頼をやってみてとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.