車買取 知恵袋|2つの業者にお願いし

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でしたから、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車買取 知恵袋|なった可能性があったのですから

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を探していましたが、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。ところが、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で売却することにしました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。これを計算すると、6カ月で50万円も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円減ったことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売却するはめになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。もしも売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.