車買取 野々市|30~76万まで

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになっています。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはしないことにして、買い取り専門店に売却する話となりました。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。査定の時間は1時間位らしいので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者を逆転して、最高額の金額を出してきました。ネットでは70万を超えない価格でしたが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万円まで増額してくれたのです。

乗ってみたかったのですが

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放したくなりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。単純計算では、半年50万程度も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。それでも44万円減ったことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で手放すことになったかもと思うとまだ助かったと言えます。このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

年間1万キロ程度なので|車売る 注意点

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

62万程度の査定額になりました

初めてで不安感もありましたがネットの車買い取りサイトを使って、複数の見積もりを取ってみました。毎回いつもの業者にお願いしているので、高額で買い取りしてくれるものだと思っていました。

しかし実際にいくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつも売却している業者は相場以下だったのです。そこよりも高い値段で買ってくれるところはないと聞いていたので意外なものでした。今までは相場で売却できれば大成功だと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売ることになった自動車の世間相場は52万でしたが、一括の見積もりを取ったところ一番高額な査定額はなんと70万円を出してくれそうです。ソコソコの値段であれば満足できると怒っていたけど、相場程度であれば高くも安くもない額ということです。一括査定をして一番は70万の業者で、2位の買い取り業者は68万円という僅差でした。3番目は57万円らしく、差があったので、上位の二社に出張見積もりをお願いしました。最高額の業者にそのまま頼まなかったのは、複数の業者に競わせないとなめられてしまうかもと思ったからです。一括見積りサイトにも、複数業者に出張を依頼して比べたほうが良いとありました。

出張して見積もってもらったら、70万と出していた買い取り業者は62万程度の査定額になりました。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。でも2番目の業者は、68万でいいよと言われたのです。概算見積もりは2番だったけど一番高値となったので、その買い取り業者に売りました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/04 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.