車買取 2ちゃん|希望額は80万と言ってみましたが

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみたいなと思いました。最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しネット通信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

年式の古いクルマだったので

前に乗っていたのは、ボンネット部分が薄白く見えていました。濃い色の車だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロ車に感じてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からは買い替えたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再び買い取りのための査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを良く比較してみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

実際に観てもらうことて|車買取 楽天

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、初めて無料の一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売ることにしたのです。クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、このサイトには3社程度は出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、実際に買い取ってもらえる額がわかるからだそうです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してくれました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

そのため中古で良質な車を

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。まずは近隣の中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に70万円で購入しました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助かります。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.