車買取 20万円|ノートパソコンを持ち出して

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

業者さんとの意思疎通が図れていなくて

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放したくなりました。職場の近くの車買い取りショップに査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。単純計算では、半年で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。その結果、26万円で買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で手放すことになったかもと思うと助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。ですので、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

そのページの情報では|東京都 中央区 車買取

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私は日本人ですが、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回売った車も日本製の車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかして外国かもしれませんが、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

差を見てみたところ

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になっています。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはしないことにして、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、このサイトには複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/03 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.