5月 車売却 自動車税|しかしその後楽しく乗れたのも少しだけで

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

5月 車売却 自動車税|休日にまとめて査定を受けることにしました

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、思いのほか安かったし、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになるところでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その金額差におどろきました。結局下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトには複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、査定額がハッキリと判ります。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定を受けることにしました。査定の結果、概算査定額2位だった業者が1位の業者を逆転して、最高金額を出してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取で損をしない方法 All rights reserved.